地上デジタル放送ってなに?
地上デジタルテレビ放送は、従来のアナログ方式と比べて、より高品質な(ゴーストや雑音のない)映像と音声を受信することができる新たな放送です。
現代の生活のなかで最も身近な「テレビ」もデジタル化によって、今までにない豊かで便利な新しい世界を実現します。
通信や放送などに使える電波は無限にはなく、ある一定の周波数に限られています。
現在のアナログ放送の日本では、使用できる周波数に余裕がなく過密に使用されています。
デジタル化すればチャンネルに余裕ができます。
デジタルテレビ放送では大幅にチャンネルを減らすことができます。
空いた周波数を他の用途への有効利用が可能になります。
2011年7月24日アナログ放送は終了します!
地上デジタル放送の準備をお早めにしましょう!
工程例
  1.地上デジタルアンテナの設置

地上デジタル放送はUHFアンテナのオールバンドで受信できます。
今までのVHFアンテナが不要な為屋根もすっきり!
左の写真はサイドベースで設置している様子です。





  2.受信感度測定

地上デジタル放送の感度調整をしています。
全てのチャンネルが均等に受信できるように方向を調整しています。






  3.アンテナ端子での測定

アンテナの近辺で測定が規定のレベルが出ていてもテレビ裏のアンテナ端子のところで規定のレベルが出てるかどうか確認します。








  4.設置完了

地域によっては地デジブースターも必要になります。
現在使われている アンテナケーブルや分配器など地上デジタル放送に対応していないものもありますのでご確認が必要です。
お見積りにて現地調査に当社から伺います。




地上デジタル放送の基本情報は総務省のホームページで確認できます
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/dtv/kihonjoho.html