エアコンクリーニング

普段何気なく運転している空調機(エアコン)の内部の熱交換器はカビやホコリやダニが付着して送風ファンで 室内に撒き散らし 肉眼では見えにくい汚れた空気を私たちは吸っています。近年では何処のご家庭にも空調機 は設置されており各メーカーともエアコンの機能を充実させて洗浄がいらない空調機も開発されてきました。 しかしながら、現在、企業や公共施設や店舗などに設置されている業務用エアコンのほとんどが 放置状態で定期的に空調機の内部を洗浄することが出来るということを知らされておりません。特に人の出入りが 多い店舗や飲食店様の空調機においては外側から見てもわかるくらいの汚れている物も有ります。 特に天井の送風部分の周辺をご覧いただければわかりますが黒く汚れが目立つような 場合は早急に対処する必要性があると思われます。いつも新鮮な空気を送る為に定期的なエアコンの洗浄を 是非お勧めいたします。
こんな症状でお困りではありませんか?
清浄
3年以上経った家庭用や業務用エアコンは、こんな症状が出始めます

  • かび臭い臭いがする
  • 冷暖房の効きが悪い
  • 水が飛んでくる
  • 風量が弱くなる
  • ホコリがたまる

エアコンはクリーニングが必要です

クリーニング
エアコンの洗浄をすることで、 こんな改善をすることができます

  • 能力機能の回復
  • 熱交換器のカビの除去
  • 風量の改善
  • 電気代の節約
  • エアコンを長持ちさせる
  • 部屋の空気がきれいになる
  • 本体が清潔で綺麗になる
設置された状態で分解し洗浄いたします
清浄 清浄
清浄 清浄
洗浄の方法は専用の機械で付けたままの状態で 洗浄できます

  • 前面や天井についているパネルを外し 熱交換器を洗浄しやすいようにして 周囲の養生をします
  • 専用の高圧洗浄機によって熱交換器を洗い流します
  • 取外した部品を丁寧に清掃洗浄します
  • 各部品を組み立てをし確実に元の状態に戻します
  • 正常な運転動作するか確認点検します

ホテルの空調もこんなに汚れています
ホテルの空調機のファンコイルの中はホコリやダニ・カビ などで汚れでいます

  • 部屋の中がホコリで散乱する
  • 風量が弱く効きが悪い
  • 部屋の温度が安定しない
  • かび臭い臭いがする
  • 内部から異音がする(モーター磨耗の異音)

家庭用空調洗浄

詳細はこちらから
家庭用エアコンは年間通じて特に夏と冬に使う頻度が多いため 洗浄の時期はその使い初めが一番だと思います。期間としては 6月から7月に洗浄及び点検をした方がいいと思います。 エアコンの洗浄をする目安としては設置してからおおよそ2年から3年 にする方が多く、住宅の環境で洗う頻度も変わりますが地上から 上階に行くにしたがってカビやホコリは繁殖しにくいようです 複数あるエアコンの中で特に1階のエアコンは注意しておきましょう!


業務用空調洗浄

詳細はこちらから
店舗(事務所・お店)などの大型業務用エアコンは稼動時間が長く 洗浄の目安は下から覗いてファンのルーバーが汚れていないか? 全体的に茶色に変色していないか?吸い込みの網の部分にホコリが 付着していないか?簡単にチェックできます。また、天井埋込形タイプで よく見られる症状で、本体の噴出し部分の天井を確認すると天井が 黒く筋のように変色しているようなエアコンは特に注意が必要です。 それは、すでに内部に付着した黒カビがファンによって店内に浮遊して 撒き散らしてる危険性があるからです。そのような場合は早めに洗浄 した方がいいでしょう。


ホテル用空調洗浄
詳細はこちらから
ファンコイル型空調機は主にビル用に設置されていますが、特にホテルの 客室には数多く設置されています。天井の内部に埋め込んである為、実際に 目で見て汚れは確認出来ませんが、実はベットメイクや清掃等で毎日入れ替えを していますので特に多いのはホコリとダニが中心に汚れています。中には熱交換器に 卵を産み付けているようなケースもあり、それらが強力なファンモーターによって 室内に撒き散らすと気管支炎などの症状になったりしますので注意が必要です。 点検としては定期的な内部のチェックが必要になります。