ソーラパネル設置例 瓦葺屋根

  1.固定板の取付

屋根材を撤去し墨だし後垂木に固定する為の規定の位置に固定板を規定のビスにより4箇所固定します。  
これは固定金具を取り付ける為の重要な部品のため慎重に位置出しをしてしっかり固定します。

  2.固定板の設置

太陽光モジュールの枚数により固定金具の数量が異なります。
所定の位置にその必要な数量の固定板を配置し設置した写真です。
全て屋根裏の垂木の位置に固定してありますのでしっかりと固定できます。

  3.固定金具取付の穴あけ

墨だしした位置に固定版にしっかりとビスが当たるように瓦に約20mmの穴を二箇所空けます。  
縦ライン及び横ラインがしっかり揃っているか確認しながら瓦に穴を貫通させます。  
前後の瓦の重ね部分に当たらないように配置します。

  4.瓦の穴あけ位置

野字板に穴を貫通させないように注意し、下地に仮の板を置き瓦の上から瓦専用のドリルで貫通させます。 
瓦を壊さないように注意して、ゆっくりと瓦の上から貫通させます。
瓦の裏には破損しないように特殊なテープを裏側に貼ります。

  5.瓦の穴あけ

穴の明いた下側を覗いて見ると@で固定した固定板のアルミが見えます。

これが正常の穴あけ位置なのでその他の穴も位置通りに正確に固定板があるかを確認します。

  6.コーキングの注入

穴あけした瓦の穴にコーキング材の注入をします。
屋根からの雨漏りを防ぐ為にしっかりと注入します。  
注入後はベースとなる固定金具の支持金具を穴から挿入します。

  7.固定金具

ステンアングルの上からロングビスで固定板めがけて二箇所ビスどめします。  
これで横桟の固定金具の取付完了です。
当社では出来る限り配線を露出させない隠ぺい配線をするように努力します。

  8.固定金具の配置

モジュールの枚数分の固定金具の設置状況です。
この部分ではコーキングのはみ出しを抑える角板が各固定金具ごと貼付してあるのがわかります。
常に雨の進入を防ぐ為の部品です。

  9.横桟金具の取付

固定金具に横桟を取付る為の専用金具を設置します。
モジュールが墨だし位置に必ず来るように上下左右の通りを確認しながら固定していきます。
横桟をしっかり水平に設置し、モジュールを固定した際に隙間が出来ないようにします。

  10.横桟止金具

左右の墨だしをして横桟の止め金具で固定した写真です。

ステン金具にスライドしてはめ込むのでしっかり横桟が固定できます。

  11.横桟金具の全景

横桟金具の途中の風景です。

水平に均等になるように調整しながら取付しています。

  12.軒先金具の固定

ブランドの銘柄のついた化粧軒先金具の取付写真です。

それ以外にモジュールを固定させる為の特殊な金具を所定位置に配置しながら固定していきます。

  13.モジュールの固定

左右上下の間隔を確認しながらモジュールを固定していきます。

その際に電気配線及びアース工事も同時に結線していきます。

  14.電気配線

系列の配線、写真の場合は2系列配線ですモジュールの配置とパワコンや接続箱の設置位置によって配線の取り口を決定します。  
モジュールの結線には特に余計なたるみのないようにインシュロックで固定しながら配線しています。