太陽光発電とは


太陽光発電は、光を受けると電気エネルギーを発生する"パネル"の一種「太陽電池」を利用した発電方式です。 太陽の光を受けた太陽電池は、直流の電気を発生させます。 それをパワーコンディショナで交流の電気に変えて、家庭などで使うことができます。 太陽光発電は、資源(太陽光)が自然のエネルギーなので心配がなく、発電時にCO2を出さないなどのメリットがあります。 また、2009年11月1日より余剰電量の買取制度の改正により、以前は1kw24円で売電していた 余剰電力の金額が48円程度に値上げされ、国の政策でより一般家庭に普及を加速させる目的があり、本年度 より10年間はその金額を上限として買取してもらえます。尚、その金額は2010年が最高金額なので 来年になったら値下げされ、値下げされた金額で10年間買取されるので本年が一番お得です。

導入についての詳細はこちらから
設置工程例の詳細はこちらから

太陽光発電が注目されている理由

  1.電力会社から電気の買取制度が2009年の11月1日からスタート

太陽電池を使って家庭でつくられた電力のうち、自宅で使わないで 余った電力を、1キロワット時(kwh)あたり48円で電力会社に売ることが できます。
この価格はこれまでの約2倍。
太陽光発電システム導入にかかる費用も、 約10年〜15年で回収できるようになります。

  2.二酸化炭素の排出量を抑えることで低炭素社会を目指せます

太陽の光は、ほぼ無限に降り注ぐクリーンなエネルギー。
化石燃料の利用による二酸化炭素の排出を抑える為にも自然エネルギーの太陽光発電の普及が重要です。


  3.経済効果が大きい!幅広い雇用効果も期待されます

太陽電池の製造から、販売、施工にいたるまで裾野の広い雇用効果が期待されます。
世界シェアーの3分の1を獲得することで、最大で10万人以上の雇用を生むと言われています。


  4.エネルギー自給自足国家へ

太陽光発電システムの導入により自宅の電気は自宅で作り出すといったことが多くなります。
さらに、各家庭に普及させることにより、資源を輸入に頼らず国内で自給自足国家を目指すことが可能になりました。

太陽光発電の仕組み


  1.太陽電池モジュール(太陽光パネル・ソーラパネル)

太陽電池素子(セル)を直列で接続し、樹脂や強化ガラスや金属枠で保護したものを 太陽光発電モジュールまたは太陽光発電パネル(ソーラパネル)と呼びます。 太陽光発電モジュールの素子の種類は単結晶シリコン・多結晶シリコン・アモルファスシリコン CIS化合物などがあります。

  2.パワーコンディショナ

パワーコンディショナは、太陽電池からの直流電力を家庭で使える交流電力に変換する機器です。 自然空冷のため、冷却ファンが不要なので静かさと、小型軽量化を各メーカーは追及しています。 太陽光は 日射量に応じて発電した電力を非常用電源として使用できます。災害などによる停電時に、自宅で発電できる太陽光発電は大活躍 します。

  3.屋内分電盤

主幹容量と分岐回路数に応じて住宅分電盤を取り付けますが、電力会社様との間に「リミッター (アンペアブレーカ)契約」が必要な地域では、リミッタースペース付住宅分電盤を選定してください。 リミッターは、契約された容量以上の電気を使った場合、遮断する仕組みになっています。 需要率を考えたリミッター(アンペアブレーカ)契約をおすすめします。

  4.電力量計

電力量計(でんりょくりょうけい)は、電力を積算し計量する電気計器です。略式としてメーターともいわれ、 電力の売買取引上、重要な役割を担っています。電力量計は動作原理や構造、用途などにより多種存在しますが、 一般家庭には交流電力のうち有効電力を積算計量するものが設置されており、内部に回転する円盤が見える誘導形電力量計が多く使われています。